2018年11月14日

秋のお肌「夏枯れ」になってない?老化が気になる季節に見直すべき化粧水のチカラと使い方

2018年11月14日

老化が気になる季節に見直すべき化粧水のチカラと使い方



少し肌寒くなってきたころ、肌にも異変が起こっているのを知っていますか?
暑い夏から涼しい秋への変化が肌に与える影響は思っている以上に大きく、その影響は老化として現れてしまうのです。

老化に悩む女性

そこで今回は、そんな秋のお肌の「夏枯れ」に効果的な化粧水とその使い方について紹介していきます。


1.秋はお肌の老化に要注意!


秋になり、ようやく過ごしやすい季節になったと感じる方は多いかもしれませんが、実はこの季節こそ肌にとってはダメージの強い季節なんです!
ここで油断すると、一気に老化が進み、取り返しのつかない状態になってしまうこともあるんです。

秋の肌は夏に浴びた紫外線が肌に蓄積され、「夏枯れ」と呼ばれる状態にあります。
さらに気温や湿度の変化によって肌はさらに乾燥し、ダメージを受けやすくなっているのです。


2.化粧水はたっぷり使って肌に潤いを与えよう


肌の乾燥やダメージを防ぐためにも、化粧水はたっぷり使用してください。
化粧水によって潤いを与え続けることで、肌は内側からふっくら、もっちり仕上がって気になるシワも目立ちにくくなりますよ!

ペプチドが配合された化粧水のイメージ

潤いによって肌が整えば、クリームや美容液の効果も浸透しやすくなります。
より効果的ににエイジングケアを行う場合は、肌にハリを与えてくれるペプチドが配合された化粧水を使うことがオススメです。最後はクリームを使って乾燥を防いでくださいね。


3.秋のスキンケアの3つのポイント


1)冷えを防ぐ


冷えは美容の大敵です。
冷えは血行不良の原因になり、どれだけスキンケアを頑張っても、肌に浸透しなくなってしまいます。

お風呂にしっかり入って体を温めたり、ショウガを積極的に食事に取り入れて体の中から温まっていきましょう。

2)マッサージ


スキンケアを行う際にマッサージを取り入れることもおすすめです。
クリームを使用して滑りをよくしたら、肌を下から上へと引き上げます。
親指で口角を上に押し上げ、そこから頬骨のくぼみに沿って10秒ずつ外側に押してみましょう。

3)クリームパック


秋の肌の乾燥を防ぐためにより効果的なのが、このクリームパックです。
就寝前にたっぷりのクリームをパックのように顔に塗ります。
そのまま眠りにつけば翌朝の肌の潤いにきっと驚くはずですよ!

エイジングケアは毎日の積み重ねです。
季節の変わり目はお肌にとっても負担が大きいもの。

老化が緩和された女性

ぜひ、今回の記事を参考に、自分なりのスペシャルケアをおこなってみてくださいね!