2018年11月07日

フラッシュ脱毛(光脱毛)ができない体の部位(場所)ってどこ?

2018年11月07日
フラッシュ脱毛は、痛みも少なく、短時間で広い範囲を処理できるなど、多くのメリットがあるので、脱毛サロンで行われる主流の脱毛方法となりつつあります。

しかし、光脱毛にもデメリットはあり、身体の部位によっては脱毛できない箇所もあります。

フラッシュ脱毛ができない場所や避けるべき部位について、まとめてみました。



フラッシュ脱毛ができない部位(場所)



1. 色素が強い部分光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光が毛の黒い色(メラニン)に反応することで、毛根

部分を熱処理するという方法で脱毛します。

そのため、皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまいダメージを受けることとなるみたいです。

例)ほくろ、タトゥー、日焼け部分など。

2. 粘膜部分粘膜部分にも光脱毛の光を照射することができません。

理由は、粘膜部分がデリケートで傷つきやすいからです。

個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高いという理由があります。




フラッシュ脱毛ができない時期



また、フラッシュ脱毛ができない時期があります。

それは妊娠中や生理中の場合です。

妊娠中は、光がおなかの胎児に対して影響を及ぼすということはないと言われていますが、やはり痛みなどの刺激には敏感になりがちです。

痛みや緊張から子宮が収縮し、陣痛に繋がってしまう場合もないとは言えません。

また、これは妊娠中も生理中にも言えることなのですが、特に生理中は「肌荒れしやすい」という方はいるとおもいます。

妊娠中も例外でなく、肌が普段よりも刺激に敏感に反応してしまう時期ですから、肌への負担を考えるとフラッシュ脱毛は避けておいたほうが良いでしょう。

脱毛を避けるべき身体の部位や時期については、脱毛サロンによっても異なります。

契約を決める前にきちんと確認しておくのがおすすめです。







信頼できる脱毛サロンはこちらから