2018年10月16日

50代の化粧水の使い方

2018年10月16日

50代の化粧水の使い方



50代になると、これまでにみられなかった様々な肌荒れ症状に悩まされませんか?
エイジングケア化粧水を使っても、今ひとつ効果が実感できないこともあるでしょう。

ひょっとするとそれは、化粧水の使い方がよくなかったのかもしれません。
更年期に入ると、これまでと同じスキンケアでは、肌の老化を防ぎきれなくなります。

大切なのは、有効成分を配合した化粧水を適切なタイミングと用法で使うことです。
特に、ほうれい線や肌のたるみのケアが間違っていた場合は、症状が悪化してしまいます。

そこで今回は、50代の化粧水の使い方について解説します。


50代で化粧水を使う女性

50代は更年期に合わせて化粧水を使おう



更年期とは、50代後半頃から始まる“エイジングの時期”。
女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、肌に様々な不調や変化が生じます。

●50代の肌悩み一覧

☑ほうれい線
☑シミ・シワ
☑目元や頬のたるみ
☑黒クマ

このように、肌のハリと弾力が大幅に減少することから、口元のほうれい線や目元のシワなどが目立ちやすくなります。

そのほか、50代女性は顔全体がたるみ始めるため、額上のシワや目の下のクマなども深刻化してしまいます。

こうした更年期に合わせたエイジングケア化粧水を使うことで、症状の進行を食い止め、長く健やかな肌質を保つことにつながります。

まずは、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸といった保湿成分に加え、ビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体を配合した50代専用の化粧水を準備しましょう。

50代向けの化粧水

50代の化粧水の使い方



老化の著しい50代の肌は、化粧水を手の平で温めた上で塗布しても、浸透性が低いことがあります。

その場合は、有効成分を直に浸透させる効果のある化粧水パックがおすすめです。
ただし、肌のかゆみやかぶれが生じる場合は、すぐさま使用を中断するのがポイント。

化粧水パックにビタミンC誘導体が含まれる場合、敏感肌な人には刺激が強すぎることがあります。

肌荒れ症状を悪化させてしまうと、既にできているシミ・シワをさらに増やすことになりますので、注意が必要です。

●50代は化粧水だけでなく美容液も必ず使おう

50代は、化粧水で必要な乾燥対策をしたのち、美容液でUV対策をすることも大切。
バリア機能の低下した肌はメラニン色素が沈着しやすいため、保湿を行うだけではスキンケアが不十分。
無添加でプラセンタを含む美容液と合わせて使うのが基本です。