2018年07月

肌のたるみの改善対策

2018年07月31日
気になる肌のたるみを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

肌のたるみは、真皮を支える役割をしているコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうことが原因です。

紫外線から肌をガードすることが、たるみの解消に必要だといいます。お肌の健康状態を保つためのコラーゲンや、エラスチンは紫外線によって分解されてしまうので、肌に紫外線を当てないことはとても大事です。紫外線対策こそがエイジングケアの要です。
紫外線対策というと、強い陽射しのシーズンを連想することが多いですが、一年じゅう、屋外に行く時には紫外線の対策をするようにしましょう。

皮膚をたるみから守るには、紫外線予防のほか、表情筋のエクササイズをして、顔面の筋肉を強くすることです。
はっきりと口を開けて、あいうえおと声を出していきましょう。声を出した後は、5秒ほどその口の形を維持して、表情筋をよく動かすようにします。
1日に5回から10回程度、しっかりと顔の筋肉を意識しながら発音することで、表情筋を鍛えることができます。
表情筋をよく動かすことによって、顔のたるみ対策になるだけでなく、表情がよく動くようになって、顔でできる表現の幅がとても大きくなるでしょう。
表情筋の血流がよくなることで、代謝も改善します。真皮層に存在するコラーゲンや、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きを、よりアップすることができます。

表情筋のエクササイズや、紫外線予防といった、肌の外側からのアプローチだけでなく、体の中から美肌効果を高める方法もあります。
肌の若さを保つには、栄養の行きとどいた食事や、体にいいものを食べることも重要です。日々の食事だけでは、体が必要としている各種のビタミンやミネラル、たんぱく質、アミノ酸が足りなくなることもあるため、サプリメントが有用です。

ぜひ、頑張りってアンチエイジングでたるみを改善しましょう。