2015年10月

頬のたるみは筋肉の衰えが原因

2015年10月22日
こんにちは、ちえちゃんです。
皆さん、最近笑ってますか?? 日々の生活に疲れて無表情になったりしてませんか?

なんと表情筋が細く弱ってしまったことが、頬のたるみに関係することがあるんです。

筋肉の衰えによって頬のたるみ出来てしまうと、口のまわりのほうれい線が目立つようになってしまいます。ほうれい線ができると急に老けて見えるようになってしまいますので、困っている方もいます。私自身もたるみやほうれい線がとても気になります。頬に出来てしまったたるみや口のまわりのほうれい線は、実年齢よりも老けて見えてしまうので、どうにか解消したいものです。


女性にとって、ほうれい線は加齢ともに増えてくるものですが、顔の中でも目立つものなので、今すぐに消してしまいたいと考えるのは当然のことです。老いを感じさせないようにするには、目元にできる小じわ対策と並んで、口元のほうれい線対策が必須じゃないでしょうか。


たるみのない頬になるために、外科的な調整手段を用いて整骨をする人もいます。施術の直後には効果はあるものの、肩こりマッサージのようなもので、根本的な改善にはなりません。

同じ解消方法でも、たるみの解消効果を永続的なものにするには、顔の筋トレが最適な方法です。普段から、こまめにフェイストレーニングを行うことによって、筋肉を強化するというもので、継続できるかどうかが大事です。筋トレの内容が複雑なものであったり、時間の掛かる方法の場合は、面倒くさくなって途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

口の周りの口輪筋を意識して動かす運動で、口輪筋は顔面の筋肉全体につながる筋肉であるので、これを上げ下げする口角をあげるエクサイズを毎日朝晩5分ほど繰り返すことで筋力を鍛えるものです。


頬のたるみを目立たなくするために、顔の筋トレを習慣化させて、手軽にできる運動でも続けていきましょう!!