やっぱりエイジングケアにはコラーゲンが必要な理由

2018年10月24日

エイジングケアにはコラーゲン?



美肌のための有効成分と言えばコラーゲンを思い起こす人は多いと思います。
アンチエイジングとして以前から話題のコラーゲンですが、その本来の効果とはどのような仕組みになっているのでしょうか。

エイジングケアにはコラーゲンが必要な理由について、改めて考えてみました。
優れた保湿力でふっくら潤う肌へ改善するコラーゲンは肌の組織に不可欠な成分であり、ご存知の方も多いように潤いと弾力性をもたらしてくれます。

潤いと弾力性をもつ肌の女性

しかし、加齢とともにコラーゲンが減少してしまうので、肌は保湿力を失い乾燥しやすい状態になってしまいます。
このため、タルミを起こしたりしわの原因になったりするんですね。

だからこそ外からしっかり高純度のコラーゲンを補うことで潤いを保ち、外部からのダメージを最小限に防ぎ、シワのないふっくらしたすべすべ肌に導いてくれるのです。

すべすべ肌の女性

さらに肌を潤いを満たすことで、肌はより弾力を持ち、たるみにも効果を発揮してくれます。
肌のターンオーバーを促してくれる肌に潤いが満ちてくると、乱れていた肌のリズムも整い、肌のターンオーバーを正常化してくれます。

紫外線や摩擦によるダメージで受けた肌の色素沈着でできたくすみやシミ、ニキビ跡なども、肌細胞がターンオーバーにより生まれ変わっていくと目立ちにくくなります。

ハリ感を与えて毛穴を目立ちにくくしてくれる先ほども言いましたが、コラーゲンは加齢とともに減少していきます。
そのため、乾燥とともに肌はハリ感も失い、肌に弾力がなくなるので、その分毛穴の収縮機能も弱まってきます。

乾燥でハリを失う女性

そこで、外部から足りなくなったコラーゲンを補うことで、肌は潤いを取り戻しハリ感や弾力を取り戻すことが期待できます。

すると毛穴もふっくらと仕上がり、今まで目立っていた毛穴の開きもきゅっと引き締まりやすくなりますよね。
それに準じて毛穴の黒ずみや、毛穴に詰まった汚れが原因で起こる肌トラブルの改善も目指せるということなんです。

肌をより健やかな状態にするために、コラーゲンを積極的に活用したいものですね。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する