秋のお肌「夏枯れ」になってない?老化が気になる季節に見直すべき化粧水のチカラと使い方

2018年11月14日

老化が気になる季節に見直すべき化粧水のチカラと使い方



少し肌寒くなってきたころ、肌にも異変が起こっているのを知っていますか?
暑い夏から涼しい秋への変化が肌に与える影響は思っている以上に大きく、その影響は老化として現れてしまうのです。

老化に悩む女性

そこで今回は、そんな秋のお肌の「夏枯れ」に効果的な化粧水とその使い方について紹介していきます。


1.秋はお肌の老化に要注意!


秋になり、ようやく過ごしやすい季節になったと感じる方は多いかもしれませんが、実はこの季節こそ肌にとってはダメージの強い季節なんです!
ここで油断すると、一気に老化が進み、取り返しのつかない状態になってしまうこともあるんです。

秋の肌は夏に浴びた紫外線が肌に蓄積され、「夏枯れ」と呼ばれる状態にあります。
さらに気温や湿度の変化によって肌はさらに乾燥し、ダメージを受けやすくなっているのです。


2.化粧水はたっぷり使って肌に潤いを与えよう


肌の乾燥やダメージを防ぐためにも、化粧水はたっぷり使用してください。
化粧水によって潤いを与え続けることで、肌は内側からふっくら、もっちり仕上がって気になるシワも目立ちにくくなりますよ!

ペプチドが配合された化粧水のイメージ

潤いによって肌が整えば、クリームや美容液の効果も浸透しやすくなります。
より効果的ににエイジングケアを行う場合は、肌にハリを与えてくれるペプチドが配合された化粧水を使うことがオススメです。最後はクリームを使って乾燥を防いでくださいね。


3.秋のスキンケアの3つのポイント


1)冷えを防ぐ


冷えは美容の大敵です。
冷えは血行不良の原因になり、どれだけスキンケアを頑張っても、肌に浸透しなくなってしまいます。

お風呂にしっかり入って体を温めたり、ショウガを積極的に食事に取り入れて体の中から温まっていきましょう。

2)マッサージ


スキンケアを行う際にマッサージを取り入れることもおすすめです。
クリームを使用して滑りをよくしたら、肌を下から上へと引き上げます。
親指で口角を上に押し上げ、そこから頬骨のくぼみに沿って10秒ずつ外側に押してみましょう。

3)クリームパック


秋の肌の乾燥を防ぐためにより効果的なのが、このクリームパックです。
就寝前にたっぷりのクリームをパックのように顔に塗ります。
そのまま眠りにつけば翌朝の肌の潤いにきっと驚くはずですよ!

エイジングケアは毎日の積み重ねです。
季節の変わり目はお肌にとっても負担が大きいもの。

老化が緩和された女性

ぜひ、今回の記事を参考に、自分なりのスペシャルケアをおこなってみてくださいね!

フラッシュ脱毛(光脱毛)ができない体の部位(場所)ってどこ?

2018年11月07日
フラッシュ脱毛は、痛みも少なく、短時間で広い範囲を処理できるなど、多くのメリットがあるので、脱毛サロンで行われる主流の脱毛方法となりつつあります。

しかし、光脱毛にもデメリットはあり、身体の部位によっては脱毛できない箇所もあります。

フラッシュ脱毛ができない場所や避けるべき部位について、まとめてみました。



フラッシュ脱毛ができない部位(場所)



1. 色素が強い部分光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光が毛の黒い色(メラニン)に反応することで、毛根

部分を熱処理するという方法で脱毛します。

そのため、皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまいダメージを受けることとなるみたいです。

例)ほくろ、タトゥー、日焼け部分など。

2. 粘膜部分粘膜部分にも光脱毛の光を照射することができません。

理由は、粘膜部分がデリケートで傷つきやすいからです。

個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高いという理由があります。




フラッシュ脱毛ができない時期



また、フラッシュ脱毛ができない時期があります。

それは妊娠中や生理中の場合です。

妊娠中は、光がおなかの胎児に対して影響を及ぼすということはないと言われていますが、やはり痛みなどの刺激には敏感になりがちです。

痛みや緊張から子宮が収縮し、陣痛に繋がってしまう場合もないとは言えません。

また、これは妊娠中も生理中にも言えることなのですが、特に生理中は「肌荒れしやすい」という方はいるとおもいます。

妊娠中も例外でなく、肌が普段よりも刺激に敏感に反応してしまう時期ですから、肌への負担を考えるとフラッシュ脱毛は避けておいたほうが良いでしょう。

脱毛を避けるべき身体の部位や時期については、脱毛サロンによっても異なります。

契約を決める前にきちんと確認しておくのがおすすめです。







信頼できる脱毛サロンはこちらから

やっぱりエイジングケアにはコラーゲンが必要な理由

2018年10月24日

エイジングケアにはコラーゲン?



美肌のための有効成分と言えばコラーゲンを思い起こす人は多いと思います。
アンチエイジングとして以前から話題のコラーゲンですが、その本来の効果とはどのような仕組みになっているのでしょうか。

エイジングケアにはコラーゲンが必要な理由について、改めて考えてみました。
優れた保湿力でふっくら潤う肌へ改善するコラーゲンは肌の組織に不可欠な成分であり、ご存知の方も多いように潤いと弾力性をもたらしてくれます。

潤いと弾力性をもつ肌の女性

しかし、加齢とともにコラーゲンが減少してしまうので、肌は保湿力を失い乾燥しやすい状態になってしまいます。
このため、タルミを起こしたりしわの原因になったりするんですね。

だからこそ外からしっかり高純度のコラーゲンを補うことで潤いを保ち、外部からのダメージを最小限に防ぎ、シワのないふっくらしたすべすべ肌に導いてくれるのです。

すべすべ肌の女性

さらに肌を潤いを満たすことで、肌はより弾力を持ち、たるみにも効果を発揮してくれます。
肌のターンオーバーを促してくれる肌に潤いが満ちてくると、乱れていた肌のリズムも整い、肌のターンオーバーを正常化してくれます。

紫外線や摩擦によるダメージで受けた肌の色素沈着でできたくすみやシミ、ニキビ跡なども、肌細胞がターンオーバーにより生まれ変わっていくと目立ちにくくなります。

ハリ感を与えて毛穴を目立ちにくくしてくれる先ほども言いましたが、コラーゲンは加齢とともに減少していきます。
そのため、乾燥とともに肌はハリ感も失い、肌に弾力がなくなるので、その分毛穴の収縮機能も弱まってきます。

乾燥でハリを失う女性

そこで、外部から足りなくなったコラーゲンを補うことで、肌は潤いを取り戻しハリ感や弾力を取り戻すことが期待できます。

すると毛穴もふっくらと仕上がり、今まで目立っていた毛穴の開きもきゅっと引き締まりやすくなりますよね。
それに準じて毛穴の黒ずみや、毛穴に詰まった汚れが原因で起こる肌トラブルの改善も目指せるということなんです。

肌をより健やかな状態にするために、コラーゲンを積極的に活用したいものですね。

50代の化粧水の使い方

2018年10月16日

50代の化粧水の使い方



50代になると、これまでにみられなかった様々な肌荒れ症状に悩まされませんか?
エイジングケア化粧水を使っても、今ひとつ効果が実感できないこともあるでしょう。

ひょっとするとそれは、化粧水の使い方がよくなかったのかもしれません。
更年期に入ると、これまでと同じスキンケアでは、肌の老化を防ぎきれなくなります。

大切なのは、有効成分を配合した化粧水を適切なタイミングと用法で使うことです。
特に、ほうれい線や肌のたるみのケアが間違っていた場合は、症状が悪化してしまいます。

そこで今回は、50代の化粧水の使い方について解説します。


50代で化粧水を使う女性

50代は更年期に合わせて化粧水を使おう



更年期とは、50代後半頃から始まる“エイジングの時期”。
女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、肌に様々な不調や変化が生じます。

●50代の肌悩み一覧

☑ほうれい線
☑シミ・シワ
☑目元や頬のたるみ
☑黒クマ

このように、肌のハリと弾力が大幅に減少することから、口元のほうれい線や目元のシワなどが目立ちやすくなります。

そのほか、50代女性は顔全体がたるみ始めるため、額上のシワや目の下のクマなども深刻化してしまいます。

こうした更年期に合わせたエイジングケア化粧水を使うことで、症状の進行を食い止め、長く健やかな肌質を保つことにつながります。

まずは、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸といった保湿成分に加え、ビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体を配合した50代専用の化粧水を準備しましょう。

50代向けの化粧水

50代の化粧水の使い方



老化の著しい50代の肌は、化粧水を手の平で温めた上で塗布しても、浸透性が低いことがあります。

その場合は、有効成分を直に浸透させる効果のある化粧水パックがおすすめです。
ただし、肌のかゆみやかぶれが生じる場合は、すぐさま使用を中断するのがポイント。

化粧水パックにビタミンC誘導体が含まれる場合、敏感肌な人には刺激が強すぎることがあります。

肌荒れ症状を悪化させてしまうと、既にできているシミ・シワをさらに増やすことになりますので、注意が必要です。

●50代は化粧水だけでなく美容液も必ず使おう

50代は、化粧水で必要な乾燥対策をしたのち、美容液でUV対策をすることも大切。
バリア機能の低下した肌はメラニン色素が沈着しやすいため、保湿を行うだけではスキンケアが不十分。
無添加でプラセンタを含む美容液と合わせて使うのが基本です。






アトピーを改善する保湿クリーム

2018年10月05日
アトピー肌を改善する保湿クリームについて

アトピーでも保湿クリームが大切



皮膚のあちこちがひび割れて皮が剥けたり、ひどいかゆみがあるなどのアトピー肌の人は、常に肌トラブルで困っていることがあります。
保湿クリームはそんな方の味方です。

可能であれば肌に何もつけずにするほうがいいのですが、女性の場合はメイクを施さなければいけない以上、保湿クリームなどのスキンケア用品でスキンケアをすることは必須です。

アトピーなどが原因となって肌が荒れやすい人は、再発を予防するために保湿効果の高いクリームを使って、お肌に潤いを与える必要があります。保湿クリームを使用して、肌の乾燥を防ぐことができれば、肌荒れも軽減することができるようになります。乾燥肌のケアについては、ワセリンなど保湿効果があるものを美容外科の診断を受けて処方してらう人もいます。ワセリンをつけた後のべたつき感が苦手だという人や、肌の保湿という意味では足りていないと感じている人も、案外と大勢いるようです。



おすすめはセラミド配合保湿クリーム



医療機関で処方された保湿剤(クリームや軟膏)を使ってお手入れをすることも大事ですが、自分でできる毎日のスキンケア方法もあります。お風呂から上がった後の皮膚は刺激に弱くなっていますので、セラミドなどを配合している保湿クリームをつけると保湿効果があります。

無添加で着色料や界面活性剤などを使用していない肌にやさしい保湿クリームであれば、バリア機能が低下しているアトピー肌の人でも安心して使用できます。
アトピーは、一度治ってもお肌が乾燥すると再発がしやすいので、外出をする時は肌が乾燥しないように日焼けを防ぐ必要があります。今では、何種類ものセラミド配合保湿クリームが店頭に並んでいますので、自分の肌質に合わせて選択していきましょう。

1 2 3 4 >